新潟市 會津八一記念館

お知らせ・企画展

Share on Facebook
Pocket

松村雄基さん主演の特別番組「ふかくこの生を愛すべし」、再放送決定!

耳よりなお知らせです。
昨年8月21日に放送した、特別番組「深くこの生を愛すべし」を好評につき、
11月25日(金)午前10時20分から50分まで BSN新潟放送
で再放送することになりました。

この番組は、昨年、會津八一生誕140年を記念し、
俳優松村雄基さんが、かつてミュージカルで共演した学生さんたちと一緒に
八一の誕生日8月1日、新潟市内にある會津八一ゆかりの地を訪ね歩きました。
また、前日の7月31日には書家でもある松村さんと新潟大学の角田勝久先生が、
教育者としての八一の姿を、その書を通して語り合うトークイベントの模様も紹介されました。
この番組をご覧になられなかった方、ぜひお見逃しのないよう!

      

「八一さんのいしぶみ散歩」応募を締め切りました

このたび、10月29日(土)に行われる「八一さんのいしぶみ散歩」
すでに定員に達しましたので、ご応募を締め切らせて頂きました。
恐れ入りますが、ご理解くださいますようお願いいたします。

作品解説会のお知らせ

開催中の企画展「獨往の書-八一の手紙編」も残すところあと1週間で終了となります。
(9月25日まで)
最終日の25日、午前11時から学芸員の作品解説会を行います(約50分)。
八一の手紙に見える喜怒哀楽と芸術論を紹介いたします。
会場は、會津八一記念館の展示室です。事前申し込みは不要ですが、
当日の観覧券が必要となります。
ぜひともご参加ください。

仏像の美

〜 飛鳥園と會津八一 〜

 今から100年前、大正11(1922)年に會津八一(1881~1956)の強い勧めで、写真家・小川晴暘(1894~1960)は奈良市登大路に文化財写真の専門店、飛鳥園を創業しました。八一は、晴暘の撮影に同行して写真集を監修し、店の看板も八一が揮毫するなど、様々な協力を行っています。八一が監修した晴暘の仏像写真には、大きく二つの新たな試みがありました。一つは、黒い背景によって仏像を浮かび上がらせる試みで、これは輸入された洋書のギリシャ・ローマの彫刻写真集を意識して制作したといいます。

 もう一つは、細部の撮影です。仏像の美しさを強調するために手足や衣文などの細部に注目し、その構図と照明も工夫して撮影しています。この黒い背景、細部を撮影した仏像写真は、飛鳥園の代名詞の一つとなり、晴暘は多くの名作を生み出しました。飛鳥園は、文化財を「記録」だけではなく、「鑑賞」いう新たな視点で、現在の文化財写真の新たな潮流を築き上げたといえるでしょう。

 本展では、飛鳥園の仏像写真の逸品とともに、八一の歌書作品を紹介いたします。また、日本で最初の世界文化遺産に登録された法隆寺に遺る八一の作品など、奈良ゆかりの資料もあわせて展観いたします。

関連イベント

記念講演会「法隆寺と會津八一」

演題 記念講演会「法隆寺と會津八一」
講師 古谷正覚師(法隆寺管長)
日時 2022年10月3日(月)
午後2時~3時半(予定)
会場 新潟日報メディアシップ2階 日報ホール
定員 120名
参加費 500円

記念講演会「仏像写真の話」

演題 記念講演会「仏像写真の話」
講師 金井杜道氏(写真家)
日時 2022年10月18日(火)
午後2時~3時半(予定)
会場 新潟日報メディアシップ2階 日報ホール
定員 120名
参加費 500円

※往復はがきに申し込みを希望するイベント名と、住所、氏名、電話番号を記入し、會津八一記念館までお送りください。定員に達し次第締め切ります。
※ただし1通につき1イベント、1名様でのご応募といたします。定員に達し次第締め切ります。
※新型コロナウィルス感染症の影響により、会期、関連イベントなどが変更になる場合があります。
※ご来館の際はマスクをご着用ください。

作品解説会(野中吟雪館長)

演題 作品解説会
講師 野中吟雪館長
日時 2022年11月6日(日)
午後2時~
会場 当館展示室
(申込不要/要当日観覧券)

作品解説会(学芸員)

演題 作品解説会
講師 学芸員
日時 2022年 会期中の日曜日
午前11時~
会場 当館展示室
(申込不要/要当日観覧券)

期間中、本展覧会名を2人の書家による揮毫で展示室前に掲示しています。
・10月4日~11月6日:相澤五峰先生(新潟県書道協会顧問)
・11月8日~12月11日:中村城翠先生(新潟県書道協会顧問)

※人数が多い場合、入場制限をさせていただく場合がございます。

企画展チラシ

pdfbnr

チラシ表

チラシ裏

pdfbnr

八一さんの石碑と散歩道を歩いてみませんか?

會津八一記念館では、2022年3月に刊行した「會津八一の碑」新潟編を記念して
新潟市の中心部にある八一が揮毫した石碑を歩いて訪ねる「いしぶみ散歩」を企画しました。当館学芸員とともに、八一の晩年の住まいや、なじみの菓子店などもめぐります。

集合場所:古町ルフル・ローソン前
     (新潟市中央区古町通7番町1010 新潟市ふるまち庁舎前)
日時:2022年10月29日(土)午後1時~3時(予定)
定員:15名(定員に達し次第、受付終了)
コース:古町通~南浜通~西船見町~西堀通~古町通 約4㎞
参加費:1,000円(冊子代「會津八一の碑~新潟編~」、歌碑見学料、保険料を含む)
申し込み:會津八一記念館の窓口に直接申し込むか、電話、FAX、メールのいずれかで
    「八一さんのいしぶみ散歩」と明記の上、郵便番号、住所、氏名、連絡の常時
    とれる電話番号を記入し、會津八一記念館に申し込みください。

いしぶみ散歩申込書

       

企画展「獨往の書ー八一の手紙編ー」の紹介動画配信中

開催中の企画展「獨往の書-八一の手紙編ー」の見どころを動画でご紹介いたします。
下記のアドレスをクリックするとご覧いただけます。
https://youtu.be/rXiButGevo0

企画展「獨往の書-八一の手紙編」作品解説パンフレット販売中

獨往の書 手紙編パンフレット
開催中の企画展「獨往の書―八一の手紙編―」の全出品作品を紹介した作品解説を販売中です。A5判サイズで税込み500円。ご希望の方は、当館宛てにメール、FAX、お電話のいずれかでお申し込みください。

松村雄基さんのサイン入りはがきを販売中

7月31日の八一祭トークイベントにおいでになれなかった松村雄基ファンの皆様へ。
 松村さんのサイン入り「記念館絵はがき」を1枚420円(84円切手5枚分)でお分けします。ご希望の方は、住所、氏名、電話番号を記入し、代金(切手同封)を會津八一記念館(〒950-0088 新潟市中央区万代3-1-1 新潟日報メディアシップ5階)までお送りください。
SKM_C55822080517580

松村雄基さんの朗読《與奥田勝書》を會津記念館で放映

會津八一の生誕を記念して毎年開催している「八一祭」は7月31日、「心を伝える てがみの魅力」をテーマに俳優で書家の松村雄基さんと、八一研究者で書家の角田勝久新潟大学准教授による3度目のトークイベントを日報ホールで行いました。

記念館で開催中の企画展、會津八一名品50選発刊記念「獨往の書 八一の手紙編」に合わせ、八一が書いた手紙からにじみ出る心情や芸術に対する強烈な思いを語り合いました。
松村さん自身は「お礼や尊敬の気持ちを表すときは筆書きのほうが思いが乗せやすい」と手紙の効用を述べると、角田先生も「真剣に言いたいことやお詫びをするときには筆を使います」と応じていました。またお二方には壇上で互いに宛てた手紙を巻紙に書いてもらい、筆書きの様子を大きく映し出し参加者にも見てもらいました。
A_3861
その後、松村さんは事前に巻紙にしたためた會津八一書《與奥勝書書》を朗読して下さいました。まるで、松村さんが八一に乗り移ったかのようです。現在、會津八一記念館のビデオコーナーでは、松村さんの朗読のシーンを放映し、さらには松村さんが揮毫した《與奥田勝書》も併せて展示しています。(9月25日まで)ぜひ、お見逃しのないようおいで下さい。

八一祭トークイベント 応募を締め切りました

このたび、7月31日(日)に行われる會津八一記念館の八一祭トークイベント
ですが、すでに定員に達しましたので、ご応募を締め切らせて頂きました。
恐れ入りますが、ご理解くださいますようお願いいたします。

1 2 3 15 »
PAGETOP
Copyright © 新潟市會津八一記念館 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.